最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
入れ歯について
歯科医療器具と口

入れ歯とは、喪失してしまった歯の代用品として使われる人工歯の事を言います。
代表的な種類としては、総入れ歯と部分入れ歯の2種類があります。
総入れ歯とは総義歯とも呼ばれる物で、上下どちらかの全ての歯、もしくは上下を合わせた全ての歯の代用品となる物です。
全ての歯の代用品となるという特徴から、上あごや下あごに専用の接着剤を使って装着します。
対して部分入れ歯は局部床義歯とも呼ばれる物で、部分的に喪失してしまった歯の代用品として使われる物です。
総入れ歯のように上あご等に装着する事はしないです。
義歯に付いている専用の金具を、周辺にある天然の歯に掛ける事で装着します。

入れ歯をつける際に気になることの一つが費用です。
入れ歯を入れる他にもブリッジやインプラントといった手段もあるので、その検討をする際にも費用は重要事項の一つとなります。
まずは歯科医に相談して、総合的に自分に合った方法を見つけることが大切です。

仕組み

入れ歯は、人工歯や床と呼ばれる部位で構成されています。
人工歯はその名の通りに、喪失してしまった歯の代わりとなって、その歯の機能を回復する働きをします。
材料として用いられる素材としては、金属やレジン、硬質レジン等があります。
レジンとは透明樹脂の一種です。
次に床とは、上あごや下あごといった口の中の粘膜部分に直接接する部位になります。
こちらも金属やレジンで作られる場合が多いです。
ちなみに、見た目での違和感等を軽減するために、歯肉部分と同じピンク色で作られるのが一般的です。
総入れ歯は上記の部位で構成されるの基本ですが、部分入れ歯の場合には他にもクラスプと呼ばれる部位も必要になります。
クラスプとは、周辺の歯に掛ける金具の事です。
金属等を素材として作られます。

入れ歯を作る

入れ歯は歯科等で作ってもらうようになります。
まずは口の中の状態をチェックした上で、型を取ります。
次に取った型を使って土台を作成して、噛み合わせ等のチェックをして、細かく調整を加えます。
調整が済んだら、土台を元に入れ歯を作ります。
ここまで出来たら、実際に患者に装着して調整をして完了です。
ただ、入れ歯が患者の口に馴染むまでには時間がかかります。
実際に使いながら調整をしつつ、しっくりと馴染むようにしていきます。
上記のように手間がかかる作業になるので、完成するまでには数カ月を要するのが一般的です。
また、費用に関してですが、これは作る入れ歯によって異なるので一概には言えないです。
ただ、保険の適用内で作れば1万円前後くらいかかるのが一般的です。

オススメリンク

部分入れ歯を作りたい方は必見です「キレイでいられる部分入れ歯ガイド」

歯科医と患者

今後の傾向

事故などで歯の一部が欠けてしまった場合や、歯並びの治療などに部分入れ歯での治療を行うことがあります。
この治療は一般歯科で扱っている治療内容となりますが、今後の動向や需要について予測を行…Read more

関連リンク